専業主婦がお金を借りておまとめローン

「おまとめローン」とは

おまとめローン

簡単に言えば、複数の借入を1社にまとめることです。
2010年改正の貸金業法で定められた総量規制により、借入限度額が年収の3分の1となりました。
しかしこの規制の対象外となるのが「債務者側にとって一方的に有利な借り換え」、つまりローンを一本化して返済負担を減らす「おまとめローン」なのです。

 

 

 

おまとめローンのメリット

複数社借入がある場合、ローンを一本化するメリットがあります。

返済日の統一

複数社から融資を受けている場合、返済日がそれぞれちがうことがあります。
借入先をひとつにすることで返済日を管理しやすくなり、うっかり忘れるなどということを避けることができます。

金利を抑える

おまとめローンは通常のカードローンに比べ、多重債務の負担を軽減することが目的のため、複数ローンをまとめるので融資額も高く、金利が低く設定されています。

毎月の返済金額を減らす

金利の低いおまとめローンで借りることで毎月の返済合計額も減らすことができます。

返済総額を減らす

おまとめローンの借入条件にもよりますが、金利が低くなることで利息総額や返済総額を減らすことができます。

借入を制限する

おまとめローンは返済のみで追加融資はできないため、借入を制限することができます。
ただし、返済期間中に新規でカードローンの利用できるかどうかは審査によります。

 

専業主婦でも可能なおまとめローンはある?

消費者金融や銀行でもおまとめローンはあります。
総量規制ではおまとめローンは例外にあたるので規制されておらず、専業主婦でも借りられることになっています。
ただし、総量規制では例外にあたるというだけで実際の金融機関が貸し出すかどうかは各機関(銀行・消費者金融)の判断になっています。

消費者金融のおまとめローンの場合

おまとめローンはありますが、消費者金融では本人に収入がある場合しか申込をすることができません。
そのため、専業主婦は消費者金融のおまとめローンを利用することができません。

銀行のおまとめローンの場合

カードローンと同様におまとめローンも、借りることは法律で制限されていませんが実際に貸すかどうかは各銀行が決めています。
銀行によってカードローンは専業主婦に貸付をしていても、おまとめローンは本人に収入がある場合のみに制限しています。

専業主婦の複数ローンを軽減する方法

おまとめローンという商品を借りることはできませんが、金利を比較して低金利の銀行カードローンにまとめる方法があります。
例えば結婚前の消費者金融の借入れがあるとすると、銀行カードローンよりも金利が高くなっています。
銀行は総量規制対象外なので申込ができます。

銀行のカードローン

専業主婦で安定収入がない方でも配偶者の同意は不要、一定額までは収入証明書も不要です。
消費者金融と比べ金利は低めですので、銀行カードローンの最高金利で借り換えたとしても金利を減らせるメリットが期待できます。
妻の借入が夫の信用情報に影響することはありませんので、旦那さんに内緒にしたい方でも安心です。
手続きは郵送やネットでもできます。

借り換えローン

専業主婦は本人に収入がなく、借入をまとめられるほど高額の利用限度額を借りることができません。
また、おまとめローンのほとんどが収入証明書の提出が必要です。
借り換えとは、現在借りているカードローンよりも金利が低いカードローンに申し込み、金利を抑える方法です。
条件を比べ、負担が少ない方で借りて一方を一括返済します。
借り換えローン専用の商品でなくとも、金利などの貸付条件を比較して借り換えることもできます。
申し込みの際、重要視するのは金利です。
毎月の返済額の負担を抑えたい場合は、最小返済額を比べることも必要です。
返済額を抑えることで返済期間が長引き、総返済額が減らずに逆に増えてしまうこともあるので注意が必要です。

 

複数借入の返済を楽にするポイント

複数の借入があると、業者ごとに違う返済日や額に応じて口座管理の手間がかかり、手数料も重複します。
一本化により返済計画は楽になり、何よりも低金利のローンに借り換えて返済額を減らすことが一番のメリットと言えます。
クレジットカード会社のキャッシングやリボ払いは金利が高いので特に借り換えの効果大です。
なお、借入件数や額によって新規契約ができない場合は、まず審査が通らない理由を確認して対策を考えましょう。
月々の返済を確実におこない借入を管理しながら、借り換えできるタイミングをはかることが重要です。

 

 

>>専業主婦がお金を借りるなら!おすすめの銀行カードローンはこちら