専業主婦が総量規制対象外のカードローンでお金を借りる

総量規制・総量規制対象外の違い

銀行カードローンは専業主婦はなぜ自分に収入がないのに借り入れられるのか?
実はカードローンには、総量規制に該当するカードと、該当しないカードがあるのです。

総量規制とは

お金の貸付けには多重債務に陥ることを防止するために、貸金業法によって総量規制という規制が定められています。
顧客等の返済能力を超えると認められるときは、その貸付けの契約を結ぶことができません。
個人顧客に対する貸付けに係わる契約で、貸金業者からの総借入残高がその年の年収の3分の1を超えることになる貸付けが原則として禁止されています。
年収自体のない専業主婦は総量規制対象の金融業者から借入することはできません。
また、返済能力を調査するため個人信用情報を調査する義務が貸金業者にはあります。
継続して利用している際も与信調査が義務付けられています。
また融資が50万円を超える場合や、複数社の借入が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要です。

信用情報調査

改正化資金行法では信用情報調査を貸し付ける業者側に義務付けています。
契約を結ぶ際だけでなく、審査後も信用状況や与信枠の見直しなどのために確認する義務があります。
各金融機関は指定信用情報機関に加盟していて、情報の登録と共に信用情報を照会することができます。
信用情報機関を通し、業者同士や他の指定信用情報機関に登録されている情報も共有しています。

罰せられるのは業者

総量規制は貸金業者に対する業法で定められているので、違反した場合に罰せられるのは借り手ではなく業者側になります。
貸金業法に反してまで貸し出すメリットはありません。

定期的な収入とされるもの

  • 年間の年金の金額 
  • 年間の恩給の金額
  • 年間の定期的に受領する不動産の賃貸収入の金額
  • 年間の事業所得の金額

総量規制対象のカードローンは、一般的に消費者金融といわれる会社が発行しているカードローンです。
この審査に通るためには本人の年収が必要ですので、専業主婦のケースでは契約できません。

専業主婦でも借りられる総量規制対象外のカードローンとは

総量規制対象外の銀行

総量規制の対象外とされているカードローンは銀行カードローンです。
銀行法が適用されるためです。
総量規制の対象である消費者金融や信販会社のキャッシングは専業主婦には審査申込が出来ません。
一方で総量規制の対象外である銀行カードローンの利用は専業主婦にも申込・契約が可能です。

 

銀行側も貸出に制限はありませんが、すべての銀行が専業主婦に対して融資をしているわけではなく、実際の貸付の申込条件は各銀行がそれぞれ決めています。
また、規制内容の年収の1/3の制限はありませんが審査によって限度額が決まります。
多くの銀行は専業主婦の貸付額に限度を30万〜50万円に上限を設けています。
上限を設けている銀行では、その30万〜50万円を超えない範囲で融資限度額が決まります。

金利

専業主婦は収入証明を提出することができません。
借入も専業主婦に与えられる限度額の上限が決まっている銀行もあり、借入時の金利は最高金利になります。
申込を探す際は最高金利を比較しましょう。

 

総量規制の対象外・例外・除外

総量規制で制限される事項には対象外のものと、そのほかに例外・除外があります。

総量規制対象外

対象外のため全く規制をうけない借入れ。
例:銀行カードローン

総量規制例外

年収の1/3を超えた金額の借入れが認められている借入れ。
借りることはできるが、借入残高として含まれます。
例:配偶者貸付、緊急の医療費

総量規制除外

規制されている金額に含まない借入れ。
不動産や自動車の購入のための貸付は貸付残高に含まれません。
例:住宅購入などのための借入・高額療養費の貸付

銀行法が適用されるカードローンのメリットとは

銀行法が適用される銀行カードローンのメリットは、年収のない専業主婦でも契約できるカードローンがあることです。
なぜかというと、新規の申込はご主人に安定した収入があることが貸付の条件ですが本人の収入証明書の提出は義務付けられていません。
理由はご主人の安定した収入で生活できていると判断されるからなのです。
契約するときに必要な在籍確認の電話も勤め先がありませんので、連絡の電話は自宅にかかります。
もし自宅に電話がくるのがいやであれば、連絡先を自分の携帯宛にしてもらえばよいのです。
返済も金融機関の口座引き落としや銀行のATMからも随時できます。
上限金利を比較してもメリットがあります。
消費者金融の金利は18.0%程度が多いですが、銀行カードローンは14.5%程度で借り入れられる場合が多いのです。

 

 

>>専業主婦がお金を借りるなら!おすすめの銀行カードローンはこちら