専業主婦がクレジットカードのキャッシングでお金を借りる

クレジットカードのキャッシングとは?

よく行くお店やガソリンスタンドなどのクレジットカード持っていませんか。
クレジットカードのキャッシングとは手持ちのクレジットカードで、借入れができるものです。
クレジットカードには支払いを分割(またはリボ払い)でショッピングなどに利用できるショッピング枠と、現金自体を借りられるキャッシング枠があります。
そのクレジットカードを申込み時や作った後に、キャッシング枠を申し込んでおけば、急にお金が必要になってもATMから借入れることができます。
本人に一定収入があれば申込み可能で、融資を受けることができます。
その場合、総量規制という法律によって年収の3分の1まで借入れが可能です。

 

限度額

クレジットカード限度額とキャッシングの限度額は違います。
ショッピングの利用限度額の中にキャッシング利用の枠が設定されています。
クレジットカードすべてにキャッシング枠が設定されているわけではありません。
また、クレジットカード審査に通ってもキャッシングの設定はつけられないというケースもあります。

 

無職の主婦はどうすればいいのか?

専業主婦のキャッシング枠

自分に収入のない主婦は総量規制により、信販系クレジットカードにキャッシング枠をつけることができません。
ただし、クレジットカードを発行している信販会社では配偶者貸付を利用して借入することはできます。
配偶者貸付制度では専業主婦の場合は配偶者の年収の3分の1が借入可能となります。
(夫婦の合算の年収の3分の1まで借入が可能です。)

 

 

配偶者貸付の条件

  • 夫婦関係が証明書類の提出
  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入証明書

独身時代のクレジットカードのキャッシング枠

結婚後専業主婦になっても、独身時代のクレジットカードをそのまま持っていた場合、キャッシングの利用可能枠がついていることがあります。
専業主婦になってからクレジットカードを作った場合はキャッシングをつけることができません。
本来であれば、結婚や転居など属性に変更があった場合は届出が必要です。
届出をしていない場合は規約違反になる可能性があります。

 

信販会社の配偶者貸付は、クレジットカードのキャッシングとは違う

クレジットカード会社で配偶者貸付制度のあるところもありますが、あくまでも配偶者貸付であり、それを利用してキャッシング枠をつけることはできません。

クレジットカードのキャッシング以外に借入をする方法

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融(配偶者貸付)

銀行カードローンとは、銀行のキャッシングカードを利用するものや専用カードを作るものがあり、契約した範囲内で提携ATMから借り入れ可能です。
消費者金融とは、賃金業者が行う、個人に対する無担保での融資事業です。
それぞれ、銀行や消費者金融業者に申込みをする必要があります。

 

総量規制

銀行カードローンは総量規制対象外なので専業主婦でも借りることができます。
クレジットカードのキャッシング枠(信販会社)と消費者金融は総量規制の対象のため、専業主婦は申込できません。
配偶者貸付は総量規制の例外の制度を利用して借りる方法です。

金利

銀行のカードローンはクレジットカード会社や消費者金融の配偶者貸付を利用した場合よりも金利が総じて低く設定されています。
専業主婦は借入できませんが、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融の金利よりも銀行カードローンの金利の方が安くなっています。

支払方式に違い

ローン返済方式がリボ払いのものと一括払いのものがあるので注意が必要です。
銀行カードローンや消費者金融の借入返済は残高スライドリボルビング返済方式をとっていることがほとんどです。
クレジットカードのキャッシングはリボ払いの場合と一括返済の場合があります。
リボ払いの場合は利用残高による最小返済額を毎月返済することになります。
一括返済の場合は借り入れた全額を翌月の返済日に利息をプラスして返済することになります。

必要書類

専業主婦の場合、銀行カードローンなら申込に必要な書類は本人確認のための身分証明書のみです。
返済方法を口座引き落としにする場合は引き落とし口座の印鑑が必要な場合があります。

ローンカード

クレジットカードはキャッシング枠があればキャッシングの利用ができるとともにショッピングに利用できますが、
銀行や消費者金融のカードローンではローンカードが発行され、ローンにのみ利用できます。
店頭での支払いには利用できません。

 

専業主婦が借りるには銀行カードローン

銀行カードローンは専業主婦が借りられるだけでなく、金利もクレジットカードや消費者金融より安く設定されています。
配偶者貸付は夫の同意書が必要ですが、銀行カードローンは同意書が不要なため配偶者に内緒で借りることができます。
そのため、銀行カードローンをやめて配偶者貸付制度を利用するメリットはありません。

 

 

>>専業主婦がお金を借りるなら!おすすめの銀行カードローンはこちら