カードローンの返済遅れ

「わっやってしまった…」
キャッシングやカードローンで返済遅延をした時には、こんなふうに血の気が引く思いをするのではないでしょうか。
大手などからの融資は借りるステップなども非常にシンプルになっていて、誰でもお金がない時に気軽に利用できるサービスです。
しかし気付いたときには多重債務などになっていたりして「返済ができない」という状態になることも少なくありません。
こんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

 

返済遅れの初犯の場合

うっかりと返済を忘れてしまうこともあるかもしれません。
入金期日を忘れてしまって、一日遅れで支払うというのは許容範囲とみなされるでしょう。
しかしこれはあくまでも初めての遅延だけです。
それが毎月続くと「確信犯」として理解され、新規の借入審査ができなくなったり契約解除をされてしまいます。

 

さらに初犯であっても「黙って」遅延をするのはNGです!
必ず遅れてしまったお詫びの電話ともうすでに入金したということを忘れずに電話するようにしましょう。
担当者と支払期日の相談をする場合も。

 

また初犯であっても借り入れをして「最初の返済」で遅延というのはやはり不信感を抱いてしまいます。
信頼関係を築いてこれからも取引をしてもらうことができるよう誠意を示すことが重要です。

 

何度も返済遅れを繰り返している場合

遅延を繰り返している時には、そもそも連絡をしても期日を変えてもらえる可能性は低いでしょう。
当然ですが、遅延を繰り返す人への対応というのは厳しくなってしまいます。
このような時に絶対にやっはいけないのは、他社にお金を借りてその返済を行うことです。
借金をさらに重ねることに代わりはありませんし、複数社から借り入れをすることで信用情報から見られる利用記録もかなり見栄えが悪くなってしまいます。
新規借入を申込むとしても、貸し手は信用情報をチェックします。
1社への返済が遅れている人が、複数社への支払いを効率よく行えるとは考えられないのです。

 

何度も返済延滞を繰り返す場合、借りている状況と返済について見直しが必要です。
毎月の返済金額が大きい場合は月々の返済額が少ないカードローンや低金利のカードローンに借り換えることも検討してみましょう。
また、家族に相談してみることも必要かもしれません。
専業主婦では借りられる限度額に制限がありますが、家族(旦那)ではより大きな金額を借りられる可能性があります。
複数社をまとめて低金利で返していくことも考えてみましょう。
専業主婦のおまとめローンや借り換えについては専業主婦でもおまとめローンができるかにも解説されています。

 

期日までにお金が払えない!場合

少し異なるのは「期日までにお金を用意できない」というものです。
うっかりミスでの返済遅延とは全く異なるケースです。

 

この時には即座に「電話」で借り入れをしている業者に電話しましょう。
「もしかしたら無理かも…」と少しでも思ったらすぐに電話することが重要です。
いったいなぜでしょうか?

 

そうすることによって「支払いの意志」を示すことになるのです。
ローン会社からの督促・確認電話が入る前に行うのはもちろん当然です。
電話をするときには正直に支払いができない「理由」、確実な「支払日」を伝えてください。

 

遅延損害金とは?

銀行カードローンには「遅延損害金」というものが存在します。
これは返済金額と合せて支払う延滞金と考えてください。
日割り計算で遅れるとそれだけ金額が上がっていくのです。
利率は多くの場合契約書に書いてあり、一般的には20%程度が多くなっています。

 

カードローンの支払いを延滞した時に、一番してはいけないことは業者からの連絡を「無視」することです。
その業者との信用関係が失われるだけではなく、延滞情報がブラックリストに載ってしまう(信用情報に延滞が載る)という厳しい措置も待っているのです。
自宅への取り立てで家族に迷惑がかかるかもしれません。
督促状が届くなどの場合は借り入れを内緒にしていると事態はもっと深刻です。
借りたお金に対しては誠実に対応することを忘れないでください。