カードローンの仮審査と本審査

仮審査・本審査の違い

キャッシングには審査がありますが、詳しく分けると仮審査、本審査があります。
公式サイトにはお借り入れ診断もあります。
それぞれの詳細を紹介し、違いを説明します。

お借り入れ診断

お借り入れ診断は審査ではありません。
キャッシングの利用が可能かを最初に確認するのがお借り入れ診断です。
公式サイトではお借入れ診断やお試し診断などの名称で借りられるかどうかを簡単な情報だけで調べることができます。
お借り入れ診断はコンピューターで機械的に診断を行います。
基本的な条件をクリアしているかどうかを見るだけの診断の為、勤務先への在籍確認や収入証明書など必要書類の提出も必要ありません。
主な入力項目

  • 生年月日
  • 本人年収
  • 他社借入件数
  • 他社借入額

氏名や電話番号などの連絡先を入力しないので、勧誘もなく申込にもなりません。

仮審査

申し込み手続きをすると仮審査が行われます。
名前、生年月日、家族構成、他社からの借入状況
など、基本的な項目を入力し、社会的信用度のチェックをするスコアリング審査が行われます。

 

この時点で個人信用情報機関に照会し、融資できるかチェックと限度額、金利が確定されます。
ここで決まった限度額や金利は本審査でも変わる事はありません。
審査基準は公開されていませんが、信用調査と属性調査の両方が仮審査でされます。

仮審査

 

仮審査に通過すると、本審査の内容によりますがほとんど審査落ちすることはありません。

 

本審査

本審査は本人確認書類の提出をし、人間の目によって細かい部分までしっかりとチェックします。
仮審査と本審査で申込情報に相違がある場合はここで確認されます。
仮審査時の内容と本人確認書類の提出によって確認された内容に相違がある場合、悪質な虚偽申請の場合は利用できなくなります。
問題がなければ本心さも通過となりキャッシングを利用できるようになります。

 

金利は仮審査によって決まる?

借入時の金利は厳密にいうと審査によって決まるのではありません。
仮審査の段階で限度額が決まります。
金利は限度額によって決まっています。

 

虚偽の申告

申込書やネットの申込項目に偽りを書くと仮審査も本審査も通過することができません。
例え入力ミスであったとしても、ミスかわざとかは判断することができません。
あくまでも事実との相違を申告されていると判断されます。
たとえ小さなミスであったとしても信用にも関わるので入力時のミスには注意しましょう。
また、どうしても確認する必要があると判断された場合は電話連絡があることがあります。

 

借入までの流れ

 

  1. お借り入れ診断で申し込み可能か確認
  2. 簡単な項目を入力し、最低ラインの基準を超えているかをチェックします。

  3. 申込、仮審査
  4. 年齢、勤続年数、家族構成など申込者の情報確認。
    ※この時点で審査に落ちた場合、本審査へは進めません。

  5. 審査通過の連絡
  6. 申込内容から融資が可能かどうかの判断がされ審査結果の連絡があります。

  7. 契約の手続き
  8. 本人確認書類の提出をします。
    申込むカードローン業者によっては契約のためにサイトで入力などの手続きもあります。

  9. 本審査の必要書類の確認・在籍確認
  10. 本人確認書類と申込内容に違いがないか確認。
    ※仮審査に通っても、ここで行う本審査で落ちるケースもあります。

  11. カードローンの利用開始
  12. ローンカードがある場合、カード発行があります。

審査スピードや審査回答時間は3の審査通過の連絡までの時間を指しています。
また、銀行カードローンでは申込銀行のカードローンの口座を持っている場合、本人確認書類の提出なくカードローンの利用開始ができる銀行もあります。

 

本審査の結果と利用限度額

仮審査で審査結果の連絡をしているため、本審査通過の連絡はありません。
契約手続きをすすめそのまま利用が可能になります。

 

本審査に通過した後は即日借入を希望できる業者もあり、金融機関の指定口座に利用限度額以内の金額を振り込みしてもらえるので、急な出費にも対応できます。

 

審査が通りやすくなるポイント

  • 勤続年数が長い
  • 安定した収入が有る(配偶者にあればOKな金融機関も多数有り)
  • 信用情報機関に遅延情報などが載っていない
  • 他社からの借入が少ない

条件にあてはまっていると、審査の評価が高くなり通りやすくなります。

 

 

>>専業主婦がお金を借りるなら!おすすめの銀行カードローンはこちら