専業主婦が消費者金融でお金を借りる

今から申込みたい!専業主婦でも借りれる消費者金融はどこ?

消費者金融は貸金業。
貸金業法を遵守して営業しており、貸金業法の中に総量規制という貸出に規制をかける項目があります。

 

2010年6月に施行され、それまでは無職で無収入の専業主婦でも消費者金融でお金を借りることができていました。
消費者金融の審査もそれほぼ厳しくなく、簡単に借りることができていましたが、総量規制が施行されてからは専業主婦への貸出は厳しく制限されています。

 

しかし全く借りられないわけではありません。
配偶者貸付という救済処置があり、配偶者である主人に収入があれば世帯収入としてみなされ、最大年収の3分の1を借りることができます。

 

この配偶者貸付を利用し、さらに書類の提出が必要になります。

専業主婦が消費者金融で借りるための条件

  • 配偶者の同意書の提出
  • 婚姻関係がわかる戸籍謄本または住民票
  • 50万円以上で申込む場合は配偶者の収入証明書(社名入りの給与明細など)

配偶者貸付必要書類

大手消費者金融は配偶者貸付を受けつけていない

配偶者貸付を認め専業主婦に貸すかどうかは各消費者金融次第です。
この制度は会社員やアルバイト・パートなど金額が少なくても収入がある主婦に比べ、どうしても確認書類も多くなり、キャッシング会社でも確認が手間となります。
そのためCMでもお馴染みの大手消費者金融は、本人に収入があることを絶対条件とし、配偶者貸付を行っていません。

 

中小の費者金融ならOKです。

配偶者貸付制度が利用できる消費者金融例

NG

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル

OK

  • ライフティ
  • レディースフタバ
  • ベルーナノーティス
  • フクホー
  • レディースキャッシングエレガンス

配偶者貸付での審査

  • 在籍確認
  • 申込者本人に在籍確認があります。

  • 属性審査
  • 申込者本人に加え、世帯収入で借入するため配偶者の審査も行われます。

  • 信用情報
  • 申込者、配偶者ともに信用情報に記載されます。

 

配偶者貸付でいくら借りられる?

配偶者貸付は総量規制の例外ですが、借り入れた金額は年収の1/3にカウントされます。

 

例)配偶者がすでに借入れがある場合
夫婦の収入を合算してその残りの金額しか配偶者貸付での借入れはできません。

 

夫婦の収入合計×1/3 
=夫の借入れ+妻の借入れ+配偶者貸付の借入れ

この場合の借入れは総量規制の対象になるもの(除外を除く)なので銀行からの借り入れは含まれません。
妻の借入れがなければ、夫の借入れを引いた残りの金額を最大で借りられる可能性があります。

 

配偶者貸付の影響

もし将来、夫名義で住宅ローンを組みたいと思った時に配偶者貸付では実際に借りているのは妻でも、夫の審査に影響がでます。
配偶者貸付は夫の収入の合算した額で借りているので夫に借入れがあることになります。
住宅ローンや銀行カードローンなどは総量規制対象外ですが、借入の有無や返済能力の判断として審査で確認されます。

 

消費者金融以外で専業主婦が借りられるカードローン

銀行運営のカードローンがあります。

 

銀行は銀行業。
銀行法を遵守し、貸金業法は関係ありません。
総量規制も関係なく、総量規制対象外のカードローンになり、専業主婦に貸すかどうかは各銀行が決めてよいことになっています。
各銀行次第なので、専業主婦はお断りとしているカードローンもあります。

専業主婦も借りられる銀行カードローン例

OK

  • みずほ銀行カードローンみずほMyWing
  • 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • セブン銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行キャッシング
  • 横浜銀行カードローン

NG

  • オリックス銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

消費者金融と銀行カードローンの違い

専業主婦が消費者金融で借り入れをするか銀行カードローンで借り入れをするかを決めるにはそれぞれの違いを確認しましょう。
消費者金融と銀行カードローンでは借り入れをするしくみが違うため、必要なものや条件が違います。

必要書類

配偶者貸付を利用する場合は銀行カードローンに比べて必要書類が多くなります。
それぞれを用意する時間も必要なため、明日お金が必要な場合に申込前に書類を揃える時点で1日では不可能です。
最大で夫の収入との合算の1/3まで借り入れが可能で、夫の同意書の他に収入証明書の提出が必要です。
銀行カードローンの場合は本人確認書類(申込者の運転免許証など)だけで申込が可能です。
世帯収入と審査によって限度額が決まりますが、旦那の収入証明書の提出は不要です。

金利

配偶者貸付は消費者金融からの融資なので、銀行カードローンよりも金利が高い傾向があります。

申し込みや契約方法

銀行カードローンはwebや自動契約機が利用できるのに対し、配偶者貸付ではweb完結や自動契約機の利用ができません。
提出書類の多さや配偶者貸付を実施している消費者金融側に自動契約機のある業者がないためです。

口座

銀行カードローンの場合は申込銀行の口座を持っているかまたはつくることが融資の条件になる場合もありますが、
配偶者貸付はどこの銀行の口座でも関係なく融資が可能です。

信用情報への記載

配偶者貸付は夫の収入との合算で借りられますが、夫の信用情報にも配偶者引受の欄に有りと記載されます。
銀行カードローンでは妻が申し込んだ場合、夫の信用情報に記載されることはありません。

- 消費者金融(配偶者貸付) 銀行カードローン
区分 総量規制対象 総量規制対象外
必要書類 ・配偶者の同意書
・戸籍謄本または住民票
・配偶者の収入証明
申込者の身分証明書のみ
保証人 不要 不要
借入限度額 審査で決まる(※) 30万円〜50万円までが一般的
金利(実質年率) 18.0%〜20.0% 13%代から〜18.0%までの間
即日融資
審査 あり あり
内緒の借入 同意書が必要なため不可 同意書不要のため可

 

(※夫婦借入合算が年収の3分の1まで)

専業主婦なら銀行カードローンがおすすめ

消費者金融も銀行カードローンも審査があり即日融資もできます。

 

大きい違いは必要書類と金利、専業主婦が気になる内緒で借りられるかどうかです。

 

書類が多いと手間がかかり、同意書が入るとなると内緒では借りられません。
同じ金額を借りても金利が高ければ、毎月返済する額が大きくなります。

 

同じキャッシングをするのであればわざわざ消費者金融を選ぶメリットはなく、むしろ条件の良い銀行ローンを選ぶほうがお得です。

 

銀行カードローンの審査と影響

銀行カードローンは専業主婦自身の申込だけで借りられるので審査も専業主婦に対するものだけです。
夫の信用情報に妻の借入れは載りません。
住宅ローンを組む際も、夫名義であれば妻の銀行カードローンの借入れは影響しません。

 

>>専業主婦がお金を借りるなら!おすすめの銀行カードローンはこちら